個人再生とは何?※わかりやすく解説

個人再生とは何?※わかりやすく解説

個人再生とは何?※わかりやすく解説

個人再生とは、借金の返済が困難となった際に行う債務整理のことで、自己破産と任意整理の中間のようなもののことです。当然この個人再生にはメリットとデメリットがありますので、見ていきましょう。

まず個人再生とは、裁判所を通して行って債務を減額していきます。あくまでも減額ですので自己破産のように返済を全くしなくても良いのではなく、原則としては5分の1程度に減額をして、その残りの債務を3年から5年かけて返済をしていきます。

個人再生とは自己破産のように、全ての財産を手放す必要はなく、一定の条件を満たしていれば住宅なども手放す必要がありません。ですので家族の方などにかかる負担が軽くて済み、連帯保証人になっていなければ、ほとんど影響はないといえます。

個人再生とは、その後の返済の義務は継続していきますので、その返済が出来るだけの収入が見込めなくては手続きをすることができません。ですので自己破産のように、誰でも必ず行うことができるという債務整理ではないという事です。

また個人再生とは、借金の返済に事故が生じたという事になりますので、その場合には最大で10年間はブラックリストと呼ばれる情報となり、借金をしたりローンを組んだりすることができなくなります。そのほかにもクレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。

このように個人再生とは、メリットもありますがデメリットもありますので、手続きを行う際にはよく考えてから行うようにしてください。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法