良心的な個人再生メール相談は?

良心的な個人再生メール相談は?

良心的な個人再生メール相談は?

借金の返済ができなくなったとき、住宅を手放さずに債務整理をするのが個人再生です。裁判所に再生計画が認められれば、住宅ローン以外の債務を減額して原則3年で返済することになります。弁護士など専門家に依頼して申し立てを行いますが、どこに依頼すればよいか迷ってしまうのではないでしょうか。それぞれの事務所ごとに得意分野があり、料金体系もさまざまで費用に幅があります。
まずは、債務整理を得意とする実績豊富な複数の事務所にあてて、個人再生のメール相談をすることをおすすめします。メール相談の内容は、借金をしている業者ごとに、取り引きを開始した時期や残高、月々の返済額と、収入の状況、住宅ローンの状況などと個人再生を希望する旨を記します。それぞれの回答から、事務所の対応や費用面などを判断して、依頼先を決めるとよいでしょう。
弁護士、司法書士のどちらも個人再生を取り扱っています。費用は弁護士の方が高くなりますが、代理人として裁判所とのやり取りに対応でき、審尋の際に同席してもらえます。司法書士に依頼した場合は、費用は抑えられますが、裁判所とのやり取りについては本人が行います。依頼先を決める際には、このことも踏まえて選ぶようにします。
個人再生を行うと、弁護士等に依頼後すぐに取り立てや差し押さえがストップします。住宅ローンを払っているマイホームの他にも、保険やマイカーなども失わずに済みますので、まずはメール相談をすることから行動を起こしてはいかがでしょうか。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法