個人再生費用の相場は?※悪徳に騙されない!

個人再生費用の相場は?※悪徳に騙されない!

個人再生費用の相場は?※悪徳に騙されない!

個人再生による債務整理を行うために裁判所に再生手続開始の申立てを行う場合、書類の提出とともに必要費用を納付しなければなりません。この必要費用の中の一つに予納郵券代があります。予納郵券代は、一連の手続きを通じて裁判所が事件の当事者に対して書類を送付するために必要であると予想される郵便切手代で、個人再生にかぎらずあらゆる申立てにおいて必要な費用です。実際に納付する際には、現金ではなく、裁判所指定の郵便切手を必要な枚数分そろえて提出することになります。
ここで疑問となるのは、個人再生の場合の予納郵券代はどれくらい用意するのが相場なのかということです。個人再生の場合の予納郵券代は、債権者の数と申立先となる裁判所によって代金が変動します。相手方となる債権者の数が1名である場合、予納郵券代の相場は2,000~4,000円程度となります。代金は債権者数が多くなればなるほど高くなりますが、債権者が1名増えるごとに値上がりする金額は数十円程度です。したがって、個人再生の予納郵券代は、債権者数があまりに多数の場合を除いては数千円程度が相場ということになります。
予納郵券代で注意が必要なのは、申立て時に裁判所に支払う郵便切手代はあくまで予納であるということです。手続きが長期化すると、申立て時に受け取った予納郵券代だけで賄うことができないこともあります。この場合は裁判所から追加の郵便切手を納めるよう求められるので、申立てを行った人はすみやかに切手を購入して提出しましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法